コレクション: Johannes Hansen

デンマークの家具メーカー。
1940年代から1970年代にかけて多くの家具を生産した。
近年は高級家具オークションでしばしば出品され、美しさと稀少さゆえ高価格で取引されている。

1940年から始まったハンス・ウェグナーとのパートナーシップによりヨハネス・ハンセンは成功のきっかけとなった。
1941年にハンス・ウェグナーの初めてデザインした家具がコペンハーゲンのヨハネス・ハンセンのショップにディスプレイされた。

ヨハネスは当時26歳のウェグナーと親子ほど年が離れていたが、ユニークな二人のコラボレーションはデンマーク家具デザインの主力となり、それが1950年代から60年代において世界的に認められた。

1942年に初めてウェグナーの椅子をコペンハーゲン美術館が買い取り。
1944年にウェグナーはロングシリーズとなった「チャイニーズチェア」の最初の作品をデザイン。
このシリーズはデンマーク商人が中国(明)の椅子に座っている肖像画に影響を受けデザインされたものである。

1947年に発表されたピーコックチェアは、ヨハネス・ハンセンから長期に渡って生産。
1980年代後半にウェグナーがデザインを改良した後、PPモブラーより1992年から再生産されている。
3個の商品
  • Hans J. Wegner JH701 Chair
    通常価格
    ¥400,000
    販売価格
    ¥400,000
    通常価格
    ¥400,000
    単価
    あたり 
    Sold out
  • Hans J. Wegner JH501 Chair
    ハンスJウェグナーのJH501チェアの背もたれ
    通常価格
    ¥700,000
    販売価格
    ¥700,000
    通常価格
    ¥700,000
    単価
    あたり 
    Sold out
  • Hans J.Wegner JH512 Folding Chair
    ハンスJウェグナーのJH512チェア斜め
    通常価格
    ¥856,270
    販売価格
    ¥856,270
    通常価格
    ¥856,270
    単価
    あたり 
    Sold out