コレクション: Wilhelm Wagenfeld

1900-1990

ドイツのインダストリアルデザイナー。
バウハウスアートで学び、ガラス製品や金属製品を多くのメーカーのためにデザイン。
現在でも製造されている作品も複数ある。

ブレーメンの銀器工場であるKoch&Bergfeldやブレーメン・クンストグワース・ベスチュレ(応用美術学校)で学んだ後Zeichenakademie Hanauで銀細工師になるように訓練を受ける。

1923年から1925年までワイマールのバウハウスで学び、在学中の1924年のWA24 'ワーゲンフェルドランプ'のような有名な作品をデザイン。

1925年にワイマールのバウハウスがDessauに移る為、閉校したが彼はワイマールに残る。
銀職人としての試験に合格した後、ドイツWerkbundのメンバーに。

1926年にワイマール州立美術工芸アカデミーの助手を務め、1928年には部署のトップになったが1930年にナチスの圧力によって学校は閉鎖されてしまった。
それからはフリーランスとして働き始め、1931年からベルリン・シェーネベルクの州立美術学校で教鞭を執った。
1935年から1947年までLausitzerガラス製作所の芸術監督を務めた。

1937年の「現代生活における国際芸術技術展」と1940年のミラノトリエンナーレで賞を受賞。

1個の商品
  • Wilhelm Wagenfeld WG24 Lamp
    通常価格
    ¥111,747
    販売価格
    ¥111,747
    通常価格
    ¥111,747
    単価
    あたり 
    Sold out