コレクション: Paavo Tynell

1890-1973

20世紀初頭から半ばにかけてフィンランドで活躍した照明デザイナーであり工業デザイナー。

板金工、鍛治屋というキャリアを経て、1918年にGösta Serlachius、Emil Wickström、Eric Ehrström、Frans Nykänenと共同で金属加工と照明の会社 Taito を設立。

当初は金属加工方面に力を入れていたが1930年代から照明器具を制作し始めた。Alva Aalto(アルヴァ・アアルト)やKaj Franck(カイ・フランク)がデザインをし、会社は急成長。

CEO、チーフデザイナーとして1953年に退職するまで勤める。
その後会社は長期に渡って提携していたフィンランドの照明会社 Idmanに売却された。
Idman は会社と製品を再構築し、テュネルは1960年代中頃までIdmanやその他のフィンランド内外の会社のフリーランスのデザイナーとして働いた。

メタルの扱いに長け、デザインした照明器具は、機能的でエレガントでフィンランドの照明デザインを革新。

1950年でのベストライトニングデザインを初め、バルセロナワールドエキシビジョン、ミラノトリエンナーレで多くの賞を受賞。

1個の商品
  • Paavo Tynell Model 1673 Pendant Light
    Paavo Tynell(パーヴォ・ティネル)ペンラントランプ モデル1673の点灯した様子
    通常価格
    ¥480,000
    販売価格
    ¥480,000
    通常価格
    ¥480,000
    単価
    あたり 
    Sold out