コレクション: Mogens Koch

1898-1992

デンマーク出身。
コペンハーゲンのデンマーク王立美術アカデミーを卒業後1925年から建築家カール・ピーターソンの下で実習生として働き、そこで10歳年上のコーア・クリントと出会う。

コーア・クリントの下でそれぞれの仕事や製品に求められる機能の重要性、そしてシンプルなフォルム、受け継がれてきた伝統技巧への配慮と、デザインの現場で必要なことを学び、コーア・クリントのデザインに対する考えに強く影響された。

モーエンス・コッホの建築家、そしてデザイナーとしての大きな特徴は、求められる機能を最優先するという点で、建造物、テキスタイル、カトラリー、家具と、何をデザインするであっても、シンプルさを追求した。
特に家具においては、スマートで画期的な解決策、最適な機能性、快適さや美しさを追求した家具を発表している。

1928年にコッホはシンプルながらエレガントな無垢材の異常に薄い本棚をルド・ラスムッセン社の為にデザインした。
木目を最大限に生かした本棚のドアが非常に印象的であった。
1932年には同社の為に簡素な折畳イス"MK Safari"をデザインする。

1940年から1968年までコッホはコペンハーゲン芸術アカデミーで教鞭を取り、1950年位教授に。
1956年にはマサチューセッツ工科大学、1962年には東京の産業工芸試験所の客員教授に。

1個の商品
  • Mogens Koch Foldable Table
    通常価格
    ¥101,850
    販売価格
    ¥101,850
    通常価格
    ¥101,850
    単価
    あたり 
    Sold out