コレクション: Kurt Østervig

1912-1986

日本での知名度はあまりないがデンマーク、アメリカでは彼の作品は未だにコレクターズアイテムとして高い知名度を誇っている。

家具デザイナーとしては異色の経歴を持っており、Odense Steel Shipyardで造船技師としての教育を受けた事から始まる。
その後すぐに家具デザイナーとして転身し、1930年代から1940年代に掛けて活躍したE. Knudsenのデザインスタジオを経て1946年にフリーの家具デザイナーとして自分のスタジオを持ちJason Møbler, Brande Møbler, KP Møblerなど当時デンマークの有名メーカーと仕事をし、様々なタイプの家具をデザインする。

彼のデザインはホテル、船室、映画館、特別養護老人ホームなどにも特注家具として多く残されている。

オーク材を好んで使用し、特にオーク材と革のコンビネーションを得意としKP Møblerで製造されていたKP180キャビネット、KP179サイドボードが有名。
1960年代にJason Møblerの為にデザインされたStrit Chair (尖った椅子)はニューヨーク近代美術館に展示され、彼を有名デザイナーの一人とするきっかけとなった。

1個の商品
  • Kurt Østervig Table
    カートウストヴィのネストテーブル
    通常価格
    ¥137,697
    販売価格
    ¥137,697
    通常価格
    ¥137,697
    単価
    あたり 
    Sold out