コレクション: Kai Kristiansen

20世紀中頃のデンマークで最も革新的で才能のあるデザイナーの一人。
1929年生まれ、1949年20歳の時に指物技術工の資格を取得。王立芸術アカデミーにてコーア・クリントに師事し1950年に卒業。55年に自身のスタジオを構える。

カイ・クリスチャンセンのデザインは、デンマークミッドセンチュリー家具の代表ともいえる。
机、テーブル、サイドボード、椅子、キャビネット、テレビスタンドなどをデザインし、主にチークやローズウッドで製作。
実用的かつスタンダードな美しさを持つ作品の1つにFM棚システム(ウォールユニット、1968年)がある。
また、師であるコーア・クリントのデザインの基本とも言える人間工学を基にし、座り心地の良さにこだわったイスの制作に励み、代表作となる「ペーパーナイフチェア」をデザインした。

国内外の展示会やプロジェクトに多く参加し、才能を発揮。
近年はデンマークKaagaard社やスキャンバーク社といった家具メーカーのデザイン顧問も勤めており、精力的に活動をしている。

3個の商品
  • Kai Kristiansen Model 165 Mirror
    Kai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン) オーク材の全身鏡の全体
    通常価格
    ¥150,000
    販売価格
    ¥150,000
    通常価格
    ¥150,000
    単価
    あたり 
    Sold out
  • Kai Kristiansen and others Table
    通常価格
    ¥270,000
    販売価格
    ¥270,000
    通常価格
    ¥270,000
    単価
    あたり 
    Sold out
  • Kai Kristiansen Model 31 Chair
    通常価格
    ¥63,000
    販売価格
    ¥63,000
    通常価格
    ¥63,000
    単価
    あたり 
    Sold out