コレクション: Idman

1897年にKarl Hjalmar Idmanが設立したフィンランドの会社。

設立当初はランプ、ガラス製品、磁器類を販売。ビジネスは好調で1920年ヘルシンキにガラスと中国製品の大きな店を構えていたEinar Ahlströmと共同で会社を立ち上げ、Hjalmar Idman と命名した。

1924年にKarl Hjalmar Idmanが亡くなった後も彼の妻によって会社は継続され、1928年に正式名称がIdmanに。

ドイツから輸入した電気機器の卸売を1930年代初期に始め、後期には装飾ランプの製造販売と白熱電球の製造を開始。

1953年にはIdman はTaito の株式のほとんどを取得。1960年代初期には電気卸売業者も担っていたが1965年にIdmanは電気卸売部門を閉鎖し照明製品に注力した。

1981年Nokiaに買収され、1986年にSLO社も買収したNokiaはIdmanとSLOを合併し、1988年にSLO-Idmanに社名を変更したが1990年に照明会社のValasinpajaと合併し社名を再びIdmanに変更。

1993年にNokiaがIdmanの株式をAEG Holding Finnlandに売却し、同社の照明部門はオランダのPhilips Lightingに1994年に買収された。2007年初期にPhilipsはオランダとフィンランドの事業を1社に統合している。
1個の商品
  • Paavo Tynell Pendant Light
    通常価格
    ¥480,000
    販売価格
    ¥480,000
    通常価格
    ¥480,000
    単価
    あたり 
    Sold out