コレクション: Ib Kofod-Larsen

1921-2003

建築家であり、家具デザイナー。
家具デザイナーとして多くの量産家具およびキャビネットメーカーの製作家具のデザインを数多く手掛けた。

1921年にデンマークで生まれ、多くの同期と同じ様に彼もコペンハーゲンのデンマーク王立美術大学で学んだ。

卒業後は、インダストリアル・プロダクト及び工房家具の作品を製作し、デザイナーとして初めて世間に知られたのは1948年にホルムガードのグラスコンペティションにて受賞した時である。
同年には、デンマークのキャビネットメーカー協会の年次賞を受賞。
彼の潜在的な能力を見出したデンマークの家具メーカーFaarup Møbelfabrikが彼を雇い、彼の素晴らしい作品の1つであるサイドボードModel 66が制作された。
同社での活躍がデザイナーとしての地位を確立させる。
中世のデンマークデザインの基本理念に従い、優美でミニマルな美学を備えた多目的で実用的な作品を作り出した。

デンマークで生まれ育ったが、デンマーク以外のメーカーと仕事をしていたので同世代のデザイナーに比べてあまり有名ではなかった。
イギリスの家具メーカーG-Planに最も影響を与えたデザイナーで、いくつかのデザインは現代のミニマリスト作品としてみなされている。
イブ・コフォード・ラーセンの名を後世に残すこととなった名作"エリザベスチェア”や”IL-10 イージーチェア"などが代表作。

1個の商品
  • Ib Kofod-Larsen Chair
    通常価格
    ¥972,000
    販売価格
    ¥972,000
    通常価格
    ¥972,000
    単価
    あたり 
    Sold out