コレクション: George Nakashima

1905-1990

ジョージ・ナカシマはアメリカ国籍の日系2世。20世紀を代表する家具デザイナー。

ワシントン州スポケーンで生まれ。シアトルで育つ。
ワシントン大学で森林業を2年学んだあと、建築学を2年学ぶ。
その後ハーバード大学の大学院に進み、すぐにマサチューセッツ工科大学へ移籍。

1934年にはインペリアルホテル(帝国ホテル)の建築に伴って設計事務所を開設していたアントニオレイモンドの事務所で入所。同僚には前川國男や吉村順三がいる。
レイモンドの事務所在籍中は軽井沢聖パウロカトリック教会の設計と家具の設計や現場管理としてインドへ向かう。

1939年には日本に戻り、前川國男の事務所に在籍し、丹下健三と出会う。

1942年太平洋戦争開戦時には日系人は強制収容され、アイダホ州ミニドカ・キャンプに家族とともに抑留。
日系二世の大工と知り合い、基本的な木工技術と木についての知識を得る。

1944年 ニューホープ近郊のペンシルベニア州バックス郡で家のガレージを工房として 、デザインから製作まで一貫した家具作りを始める。
1946年 土地を譲り受け、Knoll(ノル社)のため量産向けの椅子を発表。
1957年 ニューホープにコノイド・スタジオ完成(自設計)。

1973年 アントニオレイモンドの設計事務所で以前同僚であった吉村順三がロックフェラー邸を設計。220点もの家具はナカシマが担当した。
代表作には「コノイドチェア」をはじめ、厳選した銘木を使用したキャビネットやテーブルなど多数。
また自身の手書きの設計図から製作された作品は米国ペンシルヴェニア州ニューホープのアトリエと桜製作所の2所のみで作り続けられている。

1個の商品
  • George Nakashima “Splay-leg table”
    ジョージナカシマのコーヒーテーブル
    通常価格
    ¥250,000
    販売価格
    ¥250,000
    通常価格
    ¥250,000
    単価
    あたり 
    Sold out