コレクション: France & Daverkosen

元は1930年頃、デンマーク人のエリック・デヴァーコセンがコペンハーゲン郊外の町にマットレス工場「Lama」を設立したところから始まる。

1937年に若くして他界したデヴァーコセンを継いだイギリス人のチャールズ・フランスがビジネスを成長させ、1948年にLamaから独立した家具メーカーとしてFrance & Daverkosenを設立。

当時最先端の設備を持つ工場で作る家具のデザインを、オーレ・ヴァンシャー、ピーター・ヴィット&オルラ・ムルガード・ニールセン、フィン・ユール、アルネ・ヴォッダーなどデンマークモダン家具デザインの黄金期を代表するデザイナーに依頼した。

フィン・ユールをはじめ、同時チーク材を好んで使用するデザイナーが多かったものの、チークは天然樹脂成分が多く刃物の切れ味を損なうため、家具の量産には不向きとされていた。
その後、超硬合金を利用したノコギリが開発され、チークの量産も可能となった。FD133 スペードチェアはチーク材による初めての量産家具として発表されている。

1957年には息子の入社を機にフランス&サンに名称を変更。 
1967年にポール・カドヴィスに買収され、カドヴィスは後にCADOと改名している。

2個の商品
  • Peter Hvidt & Orla Mølgaard-Nielsen FD135 “Boomerang” Chair
    ピーターヴィッツ ブーメランチェア Peter Hvidt & Orla Mølgaard-Nielsen FD135 Boomerang Chair
    通常価格
    ¥440,000
    販売価格
    ¥440,000
    通常価格
    ¥440,000
    単価
    あたり 
    Sold out
  • Arne Vodder Model 185 Chair
    アルネ・ヴォッダーの椅子を右からアップ
    通常価格
    ¥180,000
    販売価格
    ¥180,000
    通常価格
    ¥180,000
    単価
    あたり 
    Sold out