コレクション: Charlotte Perriand

1903-1999

フランス パリ生まれ。建築家でありデザイナー。

父親は紳士服の裁断、母親は婦人服の仕立てを生業としていた家庭に育ち幼い頃から様々な素材に囲まれて育つ。

1925年パリの装飾美術連合学校(エコールUCAD: the Ecole de L'Union Centrale de Arts Decoratifs)を卒業。

1927年、自らのアトリエを構え、展覧会に家具の出品を始める。

同年、サロン・ドートンヌに出展した<屋根裏のバー>で反響を呼びル・コルビュジエに認められ、彼のアトリエに入所。

そのアトリエで一緒に机を並べていた坂倉準三に誘われ、1940年、輸出工芸指導の顧問として日本へ招かれる。

その間日本の伝統や暮らしに感銘を受け、戦後の日本のデザイン界に大きな影響を与えた。自身の作品にも日本の影響が強く反映されている。

1966年(昭和41年) 坂倉準三らとパリ日本大使公邸の内装をデザイン。

1個の商品
  • Charlotte Perriand Table Lamp
    通常価格
    ¥220,000
    販売価格
    ¥220,000
    通常価格
    ¥220,000
    単価
    あたり 
    Sold out