コレクション: Charles & Ray Eames

1907 – 1988

アメリカを代表するデザイン界の巨匠。
チャールズは1907年ミズーリ生まれ。レイは1912年サクラメント生まれ。
1941年結婚し その後はレイ&チャールズとして活動が中心となる。
建築、家具デザインだけでなく映画、グラフィックなど多くのデザイン分野で数々の功績を残し、ミッド・センチュリーモダンの草分け的な存在として知られる。
MoMAの「オーガニッック・インテリア・デザインコンペ」にてプライウッド(成形合板)の椅子で優勝を果たしたのち成型合板やFRPといった新素材の家具を次々に発表。

その後MoMAで開催された「イームズデザインの家具展」をきっかけにジョージ・ネルソンがデザインディレクターを務めるハーマンミラー社と契約、彼らの作品が世に広がることとなる。

卓越したデザイン哲学と技術研究によりシェルチェアやラウンジチェア&オットマンなど革新的で斬新な家具が生み出され、それらは名作家具として時代を超越して現在に受け継がれている。

現在はハーマンミラー社製とヴィトラ社製のみが正規品。

ヴィンテージ品でしか手に入らない作品も多く、特にガラス繊維が表面に浮き出る柄が特徴のグラスファイバーを用いたシェルチェアは、色合いも美しくミッドセンチュリーのアイコン的存在。

3個の商品
  • Charles Eames & Ray Eames “DCM” Chair
    ハーマンミラー製イームズDCMの背もたれ正面
    通常価格
    ¥162,000
    販売価格
    ¥162,000
    通常価格
    ¥162,000
    単価
    あたり 
    Sold out
  • Charles Eames & Ray Eames Hanger
    通常価格
    ¥85,000
    販売価格
    ¥85,000
    通常価格
    ¥85,000
    単価
    あたり 
    Sold out
  • Charles Eames & Ray Eames Chair & Stool
    通常価格
    ¥445,785
    販売価格
    ¥445,785
    通常価格
    ¥445,785
    単価
    あたり 
    Sold out